美容機器

安い美顔器の実力ってどうなの?高い美顔器となにが違う?

この記事では安い美顔器について解説しています。

エステサロンに通うのも大変だし、美顔器を使ってお家で肌をケアしたい!

でも、美顔器って価格が高いものから安いものまであって、どれを選べばよいか迷ってしまう。

できれば安い美顔器を使いたいけど、やっぱり高い美顔器の方が効果があるのかな?

あなたにはそんな悩みや疑問がありませんか?

そこで、そんなあなたのために、安い美顔器の実力や、高い美顔器との違いなどを分かりやすく解説していきます。

結論から言うと、安い美顔器にも良い商品はありますが、ある程度価格が高い美顔器の方がコスパが良いんです。

美顔器選びに悩んでいる方は、この記事の内容を最後までチェックしてもらえたら嬉しいです!

まずは確認!美顔器の”安い”と”高い”について!

安い美顔器、高い美顔器と言っても、どれくらいが相場なのかが分かっていないと感覚がつかめませんよね。

そこでまずは、美顔器の”安い”と”高い”について、この記事での立ち位置をお話していきます。

”安い””高い”の基準は人によって違うので、基準値がないと話にズレが生まれてしまいますからね。

まずは、美顔器の”本体価格”と”ランニングコスト”について解説していきますので、しっかり確認してみて下さい。

美顔器の”本体価格”と”ランニングコスト”について

本体価格 美顔器本体の価格
ランニングコスト ジェルなどの価格

美顔器の値段を考える時には、”本体価格”と”ランニングコスト”をそれぞれ確認する必要があります。

美顔器の値段は種類によってピンキリで、1万円以下の商品から10万円以上の商品まで金額は様々。

中には1,000円以下という激安の美顔器もあります。

これだけ価格が安いとすぐに買いたくなってしまうかも知れませんが、安い美顔器にはカラクリがあるケースも…。

本体価格が安い代わりに、美顔器専用のジェルを定期購入する必要があるという場合が多いのです。

専用ジェルの継続回数が多い場合には、美顔器そのものの価格は激安だったけど、ジェルの購入費用が予想外の出費になってしまう恐れが…。

ジェルの価格や継続回数を理解した上で購入するのなら問題なしですが、美顔器購入の際には、”本体価格”だけでなく”ランニングコスト”にも注意するようにして下さいね。

ネット上の評価が高い美顔器には3万円前後のものが多い!

安い美顔器 高い美顔器
価格帯 3万円以下 3万円以上

※あくまでこの記事での定義です。

美顔器の値段は種類によって大きく異なりますが、ネット上の評価が高い美顔器は、3万円前後というものが多い印象です。

そこでこの記事では、3万円以上の美顔器を”高い美顔器”、3万円以下の美顔器を”安い美顔器”として紹介していきます。

安い、高いの感覚は人によって違うとは思いますが、このような基準で解説していきますね。

なお、専用ジェルの定期購入が必須の場合には、継続回数を考えての総額だと思って下さい。

本体価格が1万円でも、1回3,000円のジェルを10回継続する必要がある場合には、4万円として考えます。

以上の点を踏まえた上で、安い美顔器と高い美顔器の違いを見ていきましょう!

安い美顔器と高い美顔器の違いをまとめてみました!

安い美顔器 高い美顔器
価格帯 3万円以下 3万円以上
機能 ★★★ ★★★★★
知名度 ★★ ★★★★★

安い美顔器と高い美顔器について、機能や知名度などを一覧でまとめてみました。

表を見れば分かる通り、安い美顔器は高い美顔器に比べると、機能や知名度で劣る印象です。

美顔器には超音波やイオン導入などの機能がありますが、高い美顔器の場合にはいくつもの機能を切り替えられるものが!

逆に安い美顔器には、一つの機能しか使えないものが多いのです。

美顔器の効果を高めるためには、肌の質や目的に応じて機能を使い分けることが必要です。

いくつもの悩みを抱えている場合には、複数の機能を組み合わせることも有効。

そのため、高い美顔器を使うことで、より効果的に肌をケアすることができる場合も多いのです。

安い美顔器が悪いという訳ではありませんが、金額だけで美顔器を選んでしまうと、満足な効果を得られない恐れが…。

それならば、複数の機能を持つ美顔器を利用して、自分の肌にあった使い方をするほうが効率的かも知れませんね。

安い美顔器についてまとめ

この記事のまとめ
  • 美顔器の価格は”本体価格”と”ランニングコスト”に分けられる
  • 美顔器の価格相場は3万円程度
  • 安い美顔器は機能や知名度で劣っている可能性が…
  • 美顔器の効果を高めるために自分にあった機能を使おう
  • 金額だけで美顔器を選ぶのはおすすめできません…

以上のような内容をお届けしました。

安い美顔器の特徴や、安い美顔器と高い美顔器との違いなどは理解できましたか?

この記事やスキンケア女神の他の記事を参考にしながら、今よりも少しでも若々しい肌を目指して下さいね!