ニキビ

ワセリンはニキビ跡に効果ある?ワセリンってお肌にどういいの?

この記事ではワセリンのニキビ跡への効果について解説していきます。

最近「ワセリンを塗ったら1晩でニキビ跡が消えた!」という口コミを見かけますが、本当なのでしょうか。

結論から言うと、ワセリンにはニキビ跡を消す効果などありません。

それどころかワセリンを塗り過ぎると、ニキビがひどくなるケースだってあるんです。

そこで本記事では、ワセリンがニキビ跡に効かない理由や、ワセリンの正しい使い方についてまとめてみました。

ワセリンがお肌にどういいのか、正しい知識を身につけて美肌を目指していきましょう♪

ワセリンがニキビ跡に効果がない2つの理由

ワセリンがニキビ跡に効かない2つの理由
  • ワセリンの役割は肌を保護することだから
  • ニキビ跡に有効な成分が入っていないから

ワセリンがニキビ跡に期待できない理由は2つあります。

1つ目がそもそもワセリンの使用目的が違うこと。

そして2つ目はワセリンの成分的な問題です。

ネット上では「ワセリンでニキビ跡が消えた」という誤った情報が拡散されているので、この記事で正しい情報をお伝えしますね。

理由①:ワセリンの役割は肌を保護することだから

ワセリンの1番重要な役割は、肌の表面に薄い膜を張ることで水分の蒸発を防ぐことです。

つまりワセリンは、かかとのひび割れを保護するために塗ったり、睡眠中の肌の潤いを逃がさないために使うのが正しいんですね。

実際にワセリンの取扱説明書を読んでみても「皮膚、口唇を保護します」や「皮膚、口唇の乾燥を防ぎます」としか書かれていません。

ワセリンの本来の役割を考えれば、ニキビ跡に効果がないのは明らかです。

理由②:ニキビ跡に効果的な成分が入っていないから

ニキビ跡のしみをケアするには、トレチノインなどのレチノイドを使用する方法が推奨されています。

レチノイドとは、シミの原因であるメラニンの生成を抑制したり、肌の生まれ変わりを促進してくれる物質です。

例えば、皮膚科で処方されるディフェリンゲルなどが、ニキビ跡に有効だと言われています。

しかしワセリンは、石油を精製することで作られており、ニキビ跡に有効な成分のレチノイドどころか保湿剤すら含まれていません。

ただお肌を保護することしかできないので、ワセリンでニキビ跡が消えるということはあり得ないのです。

そもそもワセリンって何?効果や用途をタイプ別に紹介!

種類 効果の期待度 用途 純度
黄色ワセリン 足のかかと・関節
白色ワセリン 顔や赤ちゃんの肌
プロペト 目の周り
サンホワイト 口周り・唇

ワセリンは薬局やドラッグストアでも売っているので、皆さんに馴染みがあると思います。

ただワセリンと言っても色んな種類があり、用途も違うんですね。

ここでは、全4種類あるワセリンの効果や用途について、タイプ別に紹介していきます!

黄色ワセリンの効果と用途について

黄色ワセリンとは、全4種類の中で不純物が1番多く含まれているワセリンです。

ワセリンの中で唯一色がついてるのは、不純物が含まれているからなんですね。

安価で手に入りやすいのですが、アトピー持ちの人や敏感肌の人が使用すると、アレルギー反応を起こすこともあります。

なので黄色ワセリンは、足のかかとなど皮膚が厚いところに使ってあげましょう。

白色ワセリンの効果と用途について

白色ワセリンとは、黄色ワセリンから不純物を取り除いたものです。

医療機関で処方されるワセリンは、だいたい白色ワセリンですね。

黄色ワセリンとは違い、アトピー肌や敏感肌の人、赤ちゃんの肌にも使用できます。

私もワセリンを塗るときは、必ず白色ワセリン以上の純度が高いものを選んでますよ!

プロペトの効果と用途について

白色ワセリンからさらに純度を高めたものがプロペトです。

不純物を極力カットし、添加物を一切配合していません。

皮膚が薄い目の周りやデリケートゾーンに使う場合は、プロペトがオススメ!

サンホワイトの効果と用途について

プロペトからさらに純度を高めたものが、サインホワイトです。

不純物がほとんど含まれていないので、皮膚が薄いところはもちろん、口周りや唇にも塗ることができます。

ただし他のワセリンに比べると高価なので、お財布と相談する必要あるでしょう。

ワセリンの効果を高める”正しい使い方3ステップ”を伝授します!

ワセリンの正しい使い方3ステップ
  1. 化粧水をたっぷりつける
  2. ワセリンを少し手に取って広げる
  3. 手で顔を覆うようにワセリンをつける

ワセリンは正しく使わないと、新しいニキビが増える可能性があります。

なぜなら、間違った塗り方によって毛穴が塞がれてしまい、アクネ菌が繁殖しやすくなるからです。

ワセリンを使って効果的なスキンケアをしたい方は、今から解説する3ステップをマスターしてくださいね♪

ステップ①:化粧水をたっぷりつける

ワセリンを付ける前に、化粧水でたっぷりと保湿をします。

ワセリンには保湿成分が含まれていないので、ここでしっかり肌に水分を与えるのがポイントです。

なお、ワセリンを使うときは乳液やクリームをつける必要はありません。

とにかく化粧水で肌を満たすように意識していきましょう!

ステップ②:ワセリンを少し手に取って広げる

化粧水をつけたらワセリンの出番です。

ワセリン(白色ワセリン以上の純度が高いもの)を少しだけ取り、じんわり温めながら手のひらで伸ばしていきましょう。

ワセリンの量は、だいたい小指の爪くらいの大きさで大丈夫です。

いきなり顔に塗らず手のひらに薄く広げてから使うことで、毛穴詰まりを抑えることができますよ!

ステップ③:手で顔を覆うようにワセリンをつける

最後に、手のひらで顔を覆うようにしてワセリンをつけていきます。

塗るという感覚はほぼなくて、手のひらで顔を抑えるだけでOK。

「え?これで本当に効果あるの?」と不安になるかもしれませんが、ワセリンはほんのちょっとでも十分肌を保護できているんです。

ここで心配になって顔にベタベタ塗りたくると、ニキビの原因になってしまいます。

ぜひ試してみてくださいね♪

ワセリンをニキビ肌の人が使う時の注意点

ワセリンは全ての人にオススメすることはできません。

例えば思春期ニキビで悩んでいる人、白ニキビ、黄色ニキビがある人は、ワセリンとの相性がかなり悪いです。

その理由について分かりやすく解説していきますね。

注意点①:思春期ニキビにはワセリンNG

思春期ニキビの原因は、成長ホルモンによる皮脂の過剰分泌です。

通常の人より毛穴汚れが溜まりやすくなっているので、ワセリンなどの油を塗ってしまうと、100%ニキビが悪化します。

思春期ニキビで悩んでいる方は、乳液をつけずに化粧水だけで済ませる「サッパリケア」を意識するようにしましょう。

注意点②:ワセリンを使うのはニキビが完全に枯れてから

ニキビの原因であるアクネ菌は、皮脂などの油分を栄養にしながら、空気の少ないジメジメしたところで繁殖します。

ところがこの状況って、ワセリンを塗った直後の肌と同じなんですよね。

ワセリンを塗ることで、外気に触れないよう油で肌をコーティングしながら、がっつり毛穴を塞いでしまう。

アクネ菌にとっては絶好の繁殖スポットになるんですよね。

もしスキンケアにワセリンを使うのであれば、ニキビが完全に枯れて、しこりがなくなった後にしましょう!

ニキビ跡にも効果アリ?!ワセリンとセットで使うべき化粧水はこれ!

ワセリンそのものに、ニキビ跡を消す効果はないことが分かりました。

しかしワセリンがニキビ跡に全く使えないわけではありません。

なぜならワセリンとセラミド化粧水をW使いすることで、間接的にニキビ跡への効果が期待できるからです。

そもそも跡が残ってしまう原因は、乾燥により肌サイクルが乱れ、ニキビ跡を外に排出できなくなっている状況にあります。

そんな枯れた肌へ、セラミドという水分保持に優れた成分が肌のすみずみまで潤いを届け、ワセリンでしっかり肌をコーティング。

ワセリンとセラミド化粧水を組み合わせることで、少しずつ透明感が増していくんですね。

もちろんセラミド化粧水には色んな種類がありますが、初めて使うなら「回数縛りなし・返金保証付き」の乳酸菌ローションあたりが◎

セラミドを補給しながら、美肌菌を育てることができる質の高い化粧水です。

おうちでニキビ跡をケアしながら、ハリとツヤも妥協したくない方は、試してみてもいいんじゃないでしょうか。

乳酸菌ローションの公式サイトを確認!

ワセリンのニキビ跡への効果についてまとめ

ワセリンのニキビ跡への効果まとめ
  • ワセリンがニキビ跡を消すことはない
  • 用途によってワセリンは使い分けるべし
  • ワセリンの正しい使い方3ステップを心がけよう
  • ニキビがあるときはワセリンを使わない
  • ワセリンは間接的にニキビ跡へ効果あり

ワセリンが直接ニキビ跡を消すことはありません。

ただし本記事で紹介した「ワセリンの正しい使い方3ステップ」を実践すれば、肌の生まれ変わりによって、少しずつニキビ跡が薄くなっていくはず♪

ネットの誤った情報に流されず、コツコツ継続しながら美肌を目指していきましょうね!