目元ケア

眉間の黒ずみや黒いポツポツ|気になる毛穴におすすめのケア計9つ!

眉間の黒ずみや黒いポツポツ|気になる毛穴に9つのおすすめケア

この記事では眉間の黒ずみケアについてまとめています。

眉間の黒ずみの正体や黒ずみが出来てしまう原因から、ポツポツした黒ずみを解消する毛穴ケア方法などをそれぞれ解説!

眉間の毛穴の黒ずみって目元に近いしメイクではカバーしきれませんよね。

つるっと綺麗な眉間にしたい!という方のために眉間の黒ずみをなくす方法と、もう黒いポツポツに悩まないためのスキンケア方法を徹底リサーチしました。

眉間に黒ずみが出来る前のケアと出来てしまった黒ずみを取り除くためのケアの2つに分けてまとめています。

黒ずみのケア方法について一刻も早く知りたい人は上記のいずれかをクリックすれば、すぐにケア方法を知ることが出来ます。

黒ずみの正体や黒いポツポツが出来てしまう原因から知りたい人は、この記事を上から読み進めていって下さいね。

眉間の黒ずみの正体は?毛穴の汚れor産毛?

眉間の黒ずみの正体と思われているもの
  • 毛穴の汚れ
  • 角栓に詰まった産毛

そもそも眉間の黒ずみの正体は何なのでしょうか?

これまで、眉毛の間の黒ずみの正体は毛穴の汚れであるという認識が一般的でした。

ですが、最近は角栓ができた毛穴に詰まった産毛なのではないかという説が有力になってきています。

眉間の黒ずみが毛穴の汚れなのか産毛によるものなのか、それぞれ解説していきますね。

眉間の黒ずみの正体①:毛穴の汚れ

眉毛の間はTゾーンと呼ばれる皮脂分泌が盛んな場所なので、毛穴汚れがたまりやすい場所であることは間違いありません。

しかし、毎日きちんと洗顔やクレンジングをされている方なら、眉毛の間が黒ずんでしまうほどの汚れは溜まりにくいとされています。

黒ずみを取るために毎日スクラブやオイルクレンジングを張り切っているならそれは逆効果かもしれません。

もし洗顔方法に自信のない方は、下にご紹介している毛穴の汚れや角栓を取りやすくするスキンケア方法に正しい洗顔方法を解説しているので、チェックしてみてくださいね。

次の章では、もうひとつの眉間の黒ずみの原因について迫ります。

眉間の黒ずみの正体②:角栓に詰まった産毛

眉間の黒ずみや毛穴の黒いポツポツの正体は、単なる毛穴の汚れではなく、角栓のある毛穴から出てきた産毛なのではないかと最新の研究でわかってきました。

角栓のできた毛穴から眉間の産毛が生えてくるので、洗顔時に落としきれなかった角栓がふたになり、産毛が角栓のなかに詰まってしまうんですね。

毛穴とはもともと毛が生える場所なので産毛が生えてくるのを止めることはできませんが、眉間の毛穴に角栓ができるのを防ぐことや、角栓を取ることはできます。

そこで角栓とは何なのか?

なぜ角栓ができてしまうのかを掘り下げて調べてみました。

眉間の毛穴に角栓ができる3つの原因を紹介!

眉間の毛穴に角栓ができる3つの原因
  1. 肌のターンオーバーの乱れ
  2. 紫外線や摩擦などの外部刺激
  3. 肌の乾燥による過剰な皮脂分泌

眉間の毛穴に角栓ができてしまう主な原因は、様々な要素が絡み合っています。

眉間はTゾーンとよばれる皮脂分泌の多い部分ですから、毛穴ケアが必要な部位なんです。

では、眉間の毛穴に角栓ができてしまう原因をそれぞれ解説しますね。

原因①:肌のターンオーバーの乱れ

肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れると、本来は自然に落ちるはずの角質が剥がれ落ちにくくなって分厚くなっていきます。

からだに負担のある生活を続けていると、年齢が若くてもターンオーバーが乱れてしまうことはあるので注意が必要です。

ターンオーバーを整えるには規則正しい生活が基盤になってきます。

原因②:紫外線や摩擦などの外部刺激

肌はいつも刺激にさらされています。

とくに紫外線と摩擦による外部からの刺激が積み重なると、しだいに角質が分厚くなり、毛穴がふさがりやすくなります。

ふさがってしまった毛穴からは汚れを洗い流せないため、毛穴汚れが酸化して角栓が黒ずんだりニキビの原因になります。

原因③:肌の乾燥による過剰な皮脂分泌

うるおっているように見えても、乾燥しているお肌は多いのです。

お肌の乾燥により過剰に分泌される皮脂と、剥がれ落ちた角質が混ざり合うことにより、角栓が形成されていきます。

角栓の出来始めは白いですが、酸化していくと黒ずんだ角栓となって目立つようになっていきます。

眉間の毛穴に角栓ができる3つの原因まとめ

眉間の毛穴は皮脂が分泌しやすいので、角栓が形成されやすい環境だということが分かりました。

取り除けない角栓は拡大していくので、より毛穴が広がり、黒ずみがさらに目立ってくるという悪循環を引き起こしてしまうというわけです。

そこで、眉毛の黒ずみを取るためにすべき対策は大きくわけて2つです。

それぞれ詳しく解説していくので、ご紹介するケア方法を確認してくださいね。

眉間に黒ずみが出来る前に!角栓を作りにくくする5つのケア

角栓を作りにくくする5つのケア
  1. 規則正しい生活を送る
  2. 食事内容を見直す
  3. 紫外線対策をする
  4. スキンケアはさわりすぎない
  5. 乾燥対策をする

眉間はもともと皮脂腺が活発な場所なので。ある程度皮脂が出るのは仕方のないことです。

ただ、不規則な生活、かたよった食生活、外部的な環境や、間違ったスキンケアなどによって皮脂腺が通常よりも活発になることがあります。

これからご紹介する5つのケアは一見地味ですが、美しい肌を手に入れるためには過剰な皮脂分泌の原因を排除し、お肌の水分バランスを正常に戻していくことが角栓のない肌に整えるためにもっとも大事です。

ケア①:規則正しい生活を送る

睡眠不足、無理なダイエット、運動不足、喫煙習慣など、体に負担をかける生活習慣を送っていると肌のダメージを修復するお肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

ターンオーバーが崩れると、お肌の角質がたまりやすくなり、角栓ができやすくなってしまいます。

新陳代謝の良いお肌にするためにも、早寝早起き、1日1回はストレッチや散歩をして体を動かす、タバコやお酒などの刺激物は控えるようにすると、確実にお肌にとってプラスに働きますよ。

食事に関しては次項で説明しますね。

ケア②:食事内容を見直す

悪い食習慣 カップ麺、菓子パン、コンビニ弁当、ファーストフード、スナック菓子、コーヒー、アルコール
良い食習慣 加工されていない野菜、精製されていない穀物(玄米・五穀米など)、果物、魚、鶏肉、大豆製品、ナッツ、麦茶など

脂っこいものや甘いものの取りすぎは、皮脂分泌を増やす原因になります。

カフェインやアルコールのとりすぎも内臓を痛めつけるので、お肌に悪影響を与えます。

一度に大量に食べ過ぎることや、寝る直前に食べることは消化の負担が増えるのでやめましょう。

決まった時間に食事をとり、ひと口20回から50回まで噛む回数を増やして食べることで、消化の負担が大きく減って栄養成分が体に吸収されやすくなります。

ケア③:紫外線対策をする

紫外線を浴びると肌の角質が厚くなりやすく毛穴が詰まってしまう原因になります。

日焼け止めはオールシーズン必須です。

紫外線の強い夏はもちろん、冬でも一年中日焼け止めを塗る習慣があると安心ですね。

日常生活で使用するならミルクタイプやジェルタイプで油分の少ないタイプを選ぶと肌トラブルになりにくくおすすめです。

ケア④:スキンケアはさわりすぎない

スキンケア時に顔を触りすぎないようにします。

洗顔やクレンジングのしすぎで顔必要以上にこすってしまうと、肌の角質が分厚くなってしまうんです。

洗顔は1日2回までにしてクレンジングを長時間を行わない、化粧水はコットンではなく手でつけるようにするなど、スキンケア時にはお肌への負担を減らすように意識してみましょう。

ケア⑤:乾燥対策をする

肌が乾燥しすぎると皮脂が過剰に分泌されてしまうので、角栓の元となる皮脂の分泌を抑えるためには乾燥対策が有効です。

乾燥肌の方がクリームやオイルなどの油分での保湿をすると、かえって毛穴に汚れがたまりやすくなるので注意しましょう。

オイルのかわりに高い保湿力のあるセラミドが配合されたスキンケアアイテムで乾燥対策をするのが効果的です。

セラミド自体は肌にもともと存在する成分なので肌に優しい成分で水分を保持しやすい肌に整えてくれるんですよ。

乳酸菌ローションならうるおいを保ちながらシワにもアプローチしてくれるのでおすすめです。

万が一効果に満足出来ない場合は、公式サイトで購入すると全額返金保証があるので安心ですよね。

乳酸菌ローション公式サイト

続いて、すでに出来てしまった眉間の黒ずみを取り除くスキンケアを4つご紹介します!

すでに眉間の黒ずみがある人へ!角栓と産毛を取り除く4つのケア

角栓と産毛を取り除く4つのケア
  1. 毛穴を開いて汚れを落とす
  2. クレンジング剤に気をつける
  3. 物理的に取り除く角栓ケアは控える
  4. 眉間の産毛のお手入れをする

すでにできてしまった角栓に対しては、適切なアプローチが必要です。

黒くなってしまった角栓を放っておくと毛穴づまりからニキビに発展することもありますからね。

角栓ケア方法と効果的なスキンケア商品を解説しているので、ぜひ確認してみてくださいね。

ケア①:毛穴を開いて汚れを落とす

毛穴の汚れは体を温めて毛穴を開かせてから取るのが有効です。

洗顔時は温かい湯船に浸かって、お肌の毛穴を開き、その日のメイクや皮脂の汚れを落としやすい状態にするのが大切です。

どうしても湯船に浸かれない場合は蒸しタオルなどで毛穴を開いてくださいね。

冷たい水で洗顔する事自体は悪いことではありませんが、角栓対策には適していません。

人肌ぐらいのぬるま湯(34~36度)で洗顔するのがおすすめです。

ケア②:クレンジング剤に気をつける

拭き取りタイプのクレンジングはコットンでお肌をこする動作が肌への刺激となりますし、メイク汚れが取り切れずに毛穴が詰まりやすくなることもあるので、角栓対策にはお勧めできません。

また、角栓にはオイルクレンジングが有効だという説もありますが、メイクをしていない朝に使うのは厳禁です。

オイルクレンジングのしすぎは肌を乾燥させてしまい、これもまた皮脂を過剰分泌させ、角質を分厚く硬くしてしまうんです。

角栓対策に適したクレンジング剤は、肌をこすらなくても済むジェルタイプやミルクタイプのクレンジングがおすすめです。

NALC薬用クレンジングバームなら毛穴の黒ずみにスポットをあてたクレンジングなうえ、摩擦レスなので角栓ケアに効果的です。

公式サイトからの購入であれば、購入後60日間は全額返金保証が可能という太っ腹な対応をしてくれるので安心ですよ。

商品トラブルがあったり、使い方が分からない場合でも日本化粧品協会認定のコスメコンシェルジュが相談に乗ってくれるので心強いですよね。

ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

NALC薬用クレンジングバーム公式サイト

ケア③:物理的に取り除く角栓ケアは控える

スクラブやゴマージュなど、物理的にこするタイプの角質ケアが角栓にはおすすめだという説もありますよね。

ですが、スクラブやゴマージュなどのケアは肌への負担が大きいので、角栓が気になっている方は控えましょう。

肌に直接貼って角栓をはがすシートタイプの角栓ケア商品や、ピンセットや毛抜きを使って角栓を抜き取るケアも同様におすすめできません。

なるべく肌への負担がかかるケアは控え、乾燥しないように注意してくださいね。

毛穴スプレークレンズなら肌への負担はないスプレーなのに驚くほど汚れが落ちると評判です。

10日間の全額返金保証があるので安心して試してみることができますよ。

毛穴スプレークレンズ公式サイト

ケア④:眉間の産毛のお手入れをする

眉間の産毛のお手入れが黒ずみを招く原因になることもあります。

眉毛やTゾーンの毛の処理をするときにカミソリを使ってしまうと、眉間の毛穴が傷つき、眉間のキメが粗くなり、毛穴がポツポツと目立つ原因になります。

理想は女性向けの電動フェイスシェーバーがおすすめです。

女性の肌のために作られたものなので、肌当たりもやさしくスムーズにカットできます。

毎日産毛を抜くのが面倒だと思う方は、眉間の産毛処理をレーザー脱毛で処理してしまう方法もありますよ。

レーザー脱毛を検討するなら医療脱毛なのにコスパが良いレジーナクリニックがおすすめです。

産毛のケアに時間を取られることがなくなれば、忙しい朝にも少しゆとりが持てるようになりますよね。

ケアを忘れてしまったことに出社後に気が付き、1日中気が気じゃない…みたいなことも二度となくなります。

レジーナクリニックでは医療レーザーのテスト照射を受けることが出来るので、まずはどんなものか体験してみても良いかも知れませんね!

レジーナクリニック公式サイト

眉間の黒ずみについてまとめ

眉間のポツポツする毛穴の黒ずみ対策
  • 眉間の黒ずみは角栓と産毛が原因
  • 角栓ができやすい3つの原因に注意
  • 角栓を作りにくい生活とスキンケアを心がける
  • 角栓には毛穴に効果的なスキンケア商品で対処する
  • 眉間の産毛処理は専用の道具を使うか脱毛を検討する

眉間の黒ずみは角栓と角栓に詰まった産毛だったということ、そして角栓を作らないようにするにはさまざまな角度からアプローチが必要だということが分かりましたね。

角栓のない眉間になるには時間がかかるかもしれませんが、目元は視線が集まりやすい場所。

ぜひこの記事でご紹介した9つのケアをしっかり実践して、ツルツルの眉間にして角栓とオサラバしてくださいね。