美容機器

美顔器用ジェルの代用として使えるもの|専用じゃないとダメ?

この記事では美顔器用ジェルの代用について解説しています。

美顔器を購入したけど、専用のジェルが高いので他のもので代用したい…。

あるいは、美顔器用のジェルが肌に合わないので他のジェルを使いたい…。

そんなあなたのために、美顔器用ジェルの代用として使えるものを調べてみました。

そもそも、美顔器専用のジェルじゃないとダメなのか?

どんな商品を代用として選ぶべきなのかを徹底解説!

美顔器用ジェルの代用品を探している人は、この記事の内容をしっかり読んでみて下さいね。

基本的には美顔器専用のジェルを使うのがおすすめです!

美顔器との相性 自由度 コスパ
美顔器専用のジェル 美顔器次第
代用品 不明

まず結論から言いますが、基本的には美顔器専用のジェルを使うのがおすすめです。

美顔器の種類によっては、そもそも代用品の使用がNGという場合もありますし、下手に代用品を使ってしまうと美顔器が故障してしまう可能性も…。

代用品を使っても大丈夫!という美顔器もありますが、まずはメーカーにしっかり確認をして下さい。

そのうえで代用品の使用を検討する訳ですが、代用品はあくまで代用品であることを忘れてはいけません。

専用ジェルの代わりになるものが、一発で見つかるとは限らないでしょう。

いろいろな代用品を試していたら結局コストがかさんでしまった…ということも考えられるので、そういった意味でも正規のジェルを使用するのがおすすめです。

基本的には美顔器専用の正規のジェルを使うようにしましょう。

とはいえ、それでも代用品を使いたい!という人もいるかもしれないので、次の章では代用を検討するべきケースについて紹介していきますね。

こんな場合には美顔器用ジェルの代用を検討しよう

代用を検討しても良い3つのケース
  1. コストが高すぎる場合
  2. 専用ジェルが肌に合わない場合
  3. 専用ジェルの匂いや質感が苦手な場合

以上のような場合は、専用ジェルの使用を続けるのがストレスになってしまいますよね。

このような場合には、メーカーに確認の上、代用品の使用を検討してみてもよいでしょう。

ただ、前の章でお伝えした通り、基本的には専用のジェルを使うのがおすすめです。

コストや匂いなどがちょっと気になるけど、我慢できない範囲ではないという場合には、専用のジェルを使用することをおすすめします。

やっぱり我慢できない!という人のために、次の章では代用品選びのポイントなどを解説していきますね。

代用ジェルの選び方5つのポイント

代用ジェルを選ぶ際には上記の5つのポイントを確認しましょう。

あなたが使用している美顔器によっておすすめのジェルは変わるので、この記事ではおすすめジェルの紹介はしていません。

ただし、こちらの5点を理解していれば、あなたにあった代用ジェルがきっと見つかるはずですよ。

各ポイントについて、それぞれ解説していきますね。

ポイント①:無添加であること

美顔器を使用することで、ジェルの成分が肌の奥まで浸透します。

肌に良い成分が浸透するのは大歓迎ですが、肌に悪い成分が浸透してしまったら困りますよね…。

防腐剤、香料、着色料などが含まれていないこと。

また、乳液や油分を含むものも避けたほうが良いでしょう。

添加物の多いジェルを代用として使ってしまうと、肌トラブルを引き起こす可能性があるので要注意です。

ポイント②:衛生的であること

防腐剤が含まれていないジェルには、雑菌が繁殖しやすいというデメリットがあります。

雑菌の繁殖を抑えるためには、ジェルを空気に触れさせないことが大切。

そのためには、チューブタイプかポンプタイプのジェルを選ぶのが有効です。

添加物やコスパだけでなく、衛生面にも気を付けながら代用ジェルを選びましょう。

ポイント③:コスパが良いこと

代用ジェルを使う人の多くは、ランニングコストの軽減を主な目的としているはず。

正規品よりも価格が高いようであれば、代用ジェルを使うメリットが少ないですからね。

容量や価格をしっかり確認の上、コスパの良いジェルを探すようにして下さい。

ただし、金額の安いジェルは、添加物が使われていたり美容成分が少なかったりするので、その点には要注意です。

ポイント④:テクスチャが良いこと

ジェルには、美顔器の滑りをよくして肌摩擦を減らすという役割があります。

すぐに乾いてしまうようなものや、垂れてしまうくらいトロトロなものは美顔器用のジェルとしては不適当…。

専用ジェルと同じようなテクスチャのものを選んだほうが、美顔器でのケアがしやすくなるはずですよ。

ポイント⑤:美顔器と相性の良い美容成分が含まれいてること

最後のポイントは美顔器との相性です。

例えばイオン導入タイプの美顔器であれば、分子の小さい成分が含まれていること。

分子の大きい成分はイオン導入できないので、含まれていても意味がないんですよね…。

このように、美顔器のタイプによって適した成分は変わるので、専用ジェルと成分が似ているものを選ぶのが無難です。

以上の5つの点を意識して代用品を探してもらえればと思いますが、正直面倒だと思った人も多いはず…。

代用品探しが大変だと思った人は、おとなしく美顔器専用のジェルを使ったほうが良いかも知れませんね。

美顔器用ジェルの代用についてまとめ

この記事のまとめ
  • 基本的には美顔器専用ジェルを使うのがおすすめ
  • 専用ジェルが合わない場合には代用品を検討しよう
  • 代用ジェルには添加物が含まれていないものを選ぼう
  • 衛生面やコスパにも注意が必要です!
  • 美顔器にあった代用ジェルを選ぼう!

以上のような内容をお届けしました。

基本的には美顔器専用のジェルがおすすめであることや、代用品を使う場合のポイントなどは分かりましたか?

この記事やスキンケア女神の他の記事が参考になれば嬉しいです。